トピックスWinBeの取り組みや最新のニュースをご紹介します。

やる気スイッチグループが『ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016』で優秀賞・優良賞を受賞しました。

子育てのお悩みを解決するための保護者向け無料講演会事業を展開している「やる気スイッチグループ」が、『ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016』優秀賞・優良賞を受賞しました。

やる気スイッチグループが展開している「子育てのお悩みを解決するための保護者向け無料講演会事業」「幼児から小学生向け総合教育事業」が『ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016』で優秀賞・優良賞を受賞しました。

表彰風景『ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)』は、全国で展開されている次世代に向けたレジリエンス社会構築への取り組みを発掘、評価、表彰する制度として創設されました。強靭な国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等に取り組んでいる企業・団体の中から、「やる気スイッチグループ」が表彰されました。他の受賞企業は、パナソニック株式会社、セコム株式会社、本田技研工業株式会社など国内大手企業が名を連ねています。

やる気スイッチグループでは、国際化社会の急速な進行に対応するための英語教育の在り方や、スマートフォンの普及による依存性の高まりや学習習慣の崩壊など、様々な悩みを抱える保護者さまの手助けを目的として、コーチングスキルを活用した「幼児期における子どもとの接し方や教育方法」「小学生から高校生の子どもたちが直面するスマホ依存や学習習慣の崩壊などを解決に導く方法」など、保護者を対象にした社会貢献事業、全国無料講演事業を展開しております。2015年に全国各地で開催した無料講演会には2,000名以上の保護者様にご参加いただき、たくさんの感謝のお声をいただきました。2016年1月からは全国30会場・3,000名以上がご参加にただける全国ツアーを開催しております。

幼児から小学生向け総合教育事業においては、世界というフィールドで活躍するスキルが要求される時代の中で、自分が就きたい職業に就き、幸せな人生を歩む原動力となる「自分力」を育むための総合教育企業として、英語で預かる学童保育、幼児教室、知能育成、バイリンガル幼児園、キッズスポーツ事業など全く新しいサービスを展開しています。「やる気スイッチグループ」の取り組みと活動実績が総合的に評価され今回の授賞となりました。審査委員には、内閣官房参与藤井聡氏、プロサッカー監督佐々木則夫氏など、そうそうたる面々が揃い、国土強靭化対策に対する
国としての本気度が伝わってきます。

『ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)』の詳細はこちら

本件に関するお問い合わせ先:
株式会社やる気スイッチグループホールディングス 広報室 TEL:03-5542-2757

ページトップへ